« ちがうよ。ぜんぜんちがうよ。(マーク・パンサー) | トップページ | 激戦区 »

2007年12月14日 (金)

高取城 Part2

前回書いてから結構たちますが続きです。

今更こんなことを言われても撤退できません。

Dscf0250

道中、当時そのままの石垣が所々に出現。いやがうえにも期待が高まってくる・・・

Dscf0261

二の門のすぐ外側に「猿岩」というものがあります。飛鳥から石垣にするために持ってきたそうですが、何故かここに設置されました。

Dscf0262

二の門跡です。ここから先が本格的な城郭ということになります(ここまでも立派な城郭ですが)。

Dscf0264 Dscf0266

途中、国見櫓へ立ち寄り。

Dscf0270

!!

大和盆地を一望できるではないか!

Dscf0272

天気がよければ六甲山まで見えるそうです。さて、先を急ぐか・・・

石垣!

Dscf0280

石垣!!

Dscf0288

いしが・・・ん?

Dscf0298

見事な紅葉でござる!!

Dscf0304

この時期に高取城に来たのは正解だったか。

さぁ、本丸めざして突き進む!

Dscf0311 Dscf0317 Dscf0321 Dscf0322

やっとたどりつきまちた。

Dscf0323

!!(2回目)

Dscf0327

どの山が何山なのか知りませんが(←オイ)、これが世界遺産ですよ!(って合ってるのかな?)

疲れたので下山します。

Dscf0333

最後に

Dscf0334

「巽高取雪かとみれば雪でござらぬ土佐の城」

解釈は適当に調べてください。

豊臣秀長―ある補佐役の生涯〈上〉 (文春文庫) Book 豊臣秀長―ある補佐役の生涯〈上〉 (文春文庫)

著者:堺屋 太一
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

豊臣秀長―ある補佐役の生涯〈下〉 (文春文庫) Book 豊臣秀長―ある補佐役の生涯〈下〉 (文春文庫)

著者:堺屋 太一
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ちがうよ。ぜんぜんちがうよ。(マーク・パンサー) | トップページ | 激戦区 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3772/9404828

この記事へのトラックバック一覧です: 高取城 Part2:

« ちがうよ。ぜんぜんちがうよ。(マーク・パンサー) | トップページ | 激戦区 »