2008年1月18日 (金)

みんな去っちゃえばいいのにw

巨人 大補強で腐った若手は去れ

会の冒頭で滝鼻オーナーは「“少しでもたるんだプレーをした者は東京ドームから去れ”“大型補強で(自分のポジションがないと)腐っている若手がいれば必要ない”という指導方針がチームの完全再建と長期的な戦力安定につながる」と首脳陣に“鬼指導”を厳命。原監督は約30分の熱弁を、真剣な表情で受け止めた。


Gのバカオーナーはこんなこと言ってますが、選手は統一契約書に縛られてるので去りたくても去れません。選手が自分の意思で球団を去る方法は、フリーエージェントか引退しかないのです。

「去れ!」なんていうのなら、飼い殺して使い物にならなくなる前に自由契約にしてやらないと。30歳過ぎてから、「お前なんか腐ってるからいらない」なんて言われても困ります。

こんなんだから東京ドームはいつもガラガラなんだよ!バ~カ

3日の命を救われた犬ウルフ―殺処分の運命からアイドルになった白いハスキー (ドキュメンタル童話・犬シリーズ) Book 3日の命を救われた犬ウルフ―殺処分の運命からアイドルになった白いハスキー (ドキュメンタル童話・犬シリーズ)

著者:池田 まき子
販売元:ハート出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

ちがうよ。ぜんぜんちがうよ。(マーク・パンサー)

岡田監督 助っ人かっさらう巨人に闘志

阪神・岡田彰布監督(50)は9日、国内の外国人選手を中心に巨大補強戦略を推し進める巨人の打倒を誓った。巨人は既に獲得した前横浜のクルーンに続き、ヤクルトから自由契約となったグライシンガーまでも阪神から“横取り”しそうな情勢。たとえすべてを巨人に奪われても、原巨人をたたきのめすだけだ。

あっちこっちで「お前が言うな。」なんて言われてますが、阪神タイガースがFA補強するのは金本以来ですよ?
それにFAは選手の権利であり、どこへ行こうと選手の勝手。引き止められない球団に問題があるのであって、移籍先に文句を言うのはお門違いも甚だしい。外国人選手が金で動くのも当たり前。

さて、阪神が巨人と大きく違うところは大きく3つあります。

・成績が悪くても最後まで面倒を見る

かつて、石嶺、山沖、星野、片岡とFA補強しても期待はずれだった選手たちは、みんな阪神で選手生活を終えています。

・ポジションがかぶるような補強はしない

今年、阪神が獲得を検討したのはFAのC新井とD福留、外国人ではSグライシンガーですが、どれも現状の阪神の弱点を補強するプランです。
阪神の弱点とは、強打の内野手、強肩の外野手、先発投手です。そのために濱中を放出し、吉野を放出し、中村泰を放出し、中途半端な年俸の選手を解雇し・・・虎だって無傷で補強をしているわけではないのです。

・法外な金を出さない

D福留獲得レースから早々に撤退したのは良い判断です。

FAで成功したのは金本だけ、独自に獲得した外国人野手の成功例がオマリー以降ないというのはお寒い状況ですが。

巨人はどうですか?

・上原という他球団が嫌がるストッパーがいるのにクルーン獲得
・谷や高橋由など充実した外野手がいるのに守備力のないラミレス獲得
・中継ぎ投手が弱いはずなのに、先発投手のグライシンガー獲得

で、どうせ役に立たなくなったらポイ捨てするんでしょ。もう意味がわかりません。

ただ、補強すること自体を悪いとは思いませんし、強くなる気がない球団よりはるかにマシですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 7日 (土)

日本で一番信用できない男

こいつは昔から信用できない奴なんです。
Gな人もこんな奴許してていいんですか???

っていうか、歌手なんですねw

伝統の一戦 阪神VS巨人70年史 DVD 伝統の一戦 阪神VS巨人70年史

販売元:バップ
発売日:2007/03/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (0)